150.3N・m(15.3kgf・m)/3,750rpm YAMAHA MT-01

ソウルビートVツインスポーツ YAMAHA MT-01

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

今季3度目の能登島「浜弥」へ

 今季3度目の「浜弥」行きとなった10月27日(火)はあいにくの雨模様
それでも集合時間の午前8時過ぎには、妙高SAに集合となった。
 上信越道・北陸道と土砂降りの中、安全運転で有磯海SAへなだれ込んだ


P1000204mozaik.jpg

 しかし石川方面は空が明るいことに望みをつなぎ、懸命に走った
P1000206mozaik.jpg

P1000207mozaik.jpg

P1000208mozaik.jpg

P1000209mozaik.jpg

P1000210mozaik.jpg

P1000212mozaik.jpg

P1000219mozaik.jpg

P1000225mozaik.jpg

P1000226mozaik.jpg

富山県氷見にて昼食となって国道160号を走り七尾から能登島大橋を経て能登島に入った。
ユッキーのNew V-MAXにVIDEOをつけてみた、音がいいなあ。




スポンサーサイト

 

YSP北関東支部合同ツーリング

 今年もやってきた、恒例YSP北関東支部合同ツーリング
実は、今回初参加であった。
 10月17日(土)午前8時半松代SA集合で一路高速道路を
栃木県益子町へ・・・・・
 天気は晴れ、両日ともまずまずのようだ。
上信越道~関越道~北関東道~東北道~再度北関東道と
真岡ICで高速を降りて、真岡駅にてSLを見にいくことに
参加者の若手から、「pochiさん、SLって何?」ってQが入ったのには
世代の大きな差を感じてしまった。
 ここには未だ現役でC12蒸気機関車が走っているんだぞーー!って
講釈を垂れ、若手に説明した。


 かくして夕刻定時に今夜の宿泊先であるサンシャインホテル益子館
に到着である。

集合から宴会までをスライドショーで

 既に他店の参加者は到着していて、ざっと150台以上が集合していた。
 我がYSP長野中央の参加者は奥まったところの駐車スペースへ・・・
syugouPhoto.jpg

 やっと着いたぞ遠路遥々とーーーー! 到着の雄叫びだーー!
でもかなりお疲れモードだ。
 夜はイベント盛りだくさんで、かなりの豪華賞品が当たった・・・方も居た
「賞品が欲しくて来たんじゃないぞーー!」と負け惜しみをたれ
 二次会ではまたバイク談義に華を咲かせ翌日に備えて大イビキで寝た。

 翌日は朝から濃霧の中帰路につく。
帰路はXJR1300toshi先導で高速道&ワインディング&秋の紅葉
真っ盛りの栃木県道15号鹿沼足尾線粕尾峠&R122&群馬県道62号沼田大間々線&高速関越道
&R353十二峠&R117を経て帰着した。
 粕尾峠と群県道62号は紅葉が見頃に近づいてツーリングには絶好の時季である。

上粕尾付近走行中


粕尾峠を走る


群馬県道62号線を走る



 

湯の丸高原から小諸

 10月10日(土)松兄イ企画、信州の東部(東信と呼ぶ)へ観光ツーリングである。
 朝9時、長野東IC近くの某書店Pに集合、菅平高原からR406鳥居峠を越えて
途中から東御嬬恋街道を湯の丸高原まで上がり、小諸へ下りた。


 湯の丸高原ではこ一時間休んだだろうか、標高が高い(1700m)のでかなり寒いし、紅葉がすすんで素晴らしい景色だった。

 その後は小諸へ下り 昼は東御市の工場団地内にある、知る人ぞ知るkoji君お奨めの定食屋さんで美味い定食を食らった。

 帰りは松兄イ先導で、千曲川ビューサイドラインを通る(初めて通った)、流石ケダモノである
その筋の道を良く知っていて感心した。

 後は、海野宿、○海部品等でブラブラしながら、地蔵峠(県道35号)経由で夕方長野へ帰着
した。

koji君のRZV500 TECH21カラーである。


帰りのの地蔵峠入り口あたり


地蔵峠の中盤あたり
 

 

MHRという海外メーカー

 のヘルメットです、名前はマイナーですが、ヨーロッパ
あたりではかなり有名?らしい
実際あの「ゴーストライダー」も使用しているのだ
R0011908.jpg

 最大の特徴はと言えば
R0011911.jpg
そうシステムヘルメットなんです。ねー!
まだあります、秘密が・・・・
R0011923.jpg
サングラスが出し入れできるのです。

R0011907.jpg
横から見た図ですが・・・

R0011918.jpg
横のスライド式のレバーでサングラスを出し入れします。

R0011928.jpg
デフロストで外気をシールドに上手く当たるようになっています。

R0011917.jpg
後部にもエア抜きがあって、空気の整流効果は高そうです。
規格については、海外ではフルフェイスがスネル規格に対応しています。
 安全性はかなりのものだそうで、被った感じも悪くないし・・・・・
 アッそうそう、内張りは外して洗濯できますし、生地はクールマックスです。
 ちょっとした休憩も脱がずに済むし、タバコも吸えるのが嬉しいなあ。

追伸
 ヨーロッパでは
 IXS:フルフェイスヘルメット HX 338
  定価 : \42,200(税込)
で国内でも購入できるそうですね。
ixs-X14901-M39.jpg





 

 

〇トシ殿朗報



こんなん見つけました。ヨ

 

« »

10 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
どらえもん時計
その他バイク関係ブログ
↓↓↓その他バイク関係ブログはコチラ
プロフィール

pochi60

Author:pochi60
150.3N・m(15.3kgf・m)/3,750rpm YAMAHA、MT-01と何を思ったのかHONDA CT110を更にはSEROW250までも購入してしまった爺ライダー

YAMAHA Racing GAME
月別アーカイブ
名言・格言集
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。